異論人網:ブログの鉄人ネット
 
異論人網:ブログの鉄人ネットHOME
自学自習ノススメ、教育改革、鉄人ネットリンク推薦など
ブログの暦
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
記事・検索結果タイトル
カテゴリー
バックナンバー
携帯電話の留守電サービスは初期設定でオンになっている
電波がつながりにくい場合(このときはコール音が鳴らない)も、自動的に留守電サービスに飛ばされる。
だから、わざわざ電話代を払って留守電サービスを聞かねばならない。
本日、サポートに電話して、留守電サービスの解除方法を尋ねた。
なぜか「留守番・転送解除」という表記が「転送解除」だけになっていたため、こちらはわからなかった。
前の電話機は、簡易留守録を優先していたために、簡易留守録設定で安心していたこちらがうかつだった。
向こう(携帯電話会社)は便利なように設定しているつもりなのだろうが、こちらは、料金がかかるように初期設定されているように思える。
| 携帯雑感 | 12:16 | - | - |

優先順位

1位:元気(生命)2位:生活(家庭・家族)3位:学力(実力)4位:成績5位:合格

  1. 何とかなる、生命があれば。
  2. 何とかなる、家族がいれば。
  3. 何とかなる、実力があれば。
  4. 成績は後から付いてくる。
  5. 合格も後から付いてくる。
携帯メール着信の音や効果の全てをオフにして、時間があるときにメールを読もう

本日、第2世代携帯がまもなく使えなくなるので、第3世代に切り替えた。
必要な費用は、充電器の料金1000ポイントと超過分105円だけで、後は、現行の契約のまま2年単位で更新する契約に切り替えた。
携帯メールを使うと生活が破壊されるので使わなかったが、今回、携帯メールのことを問い合わせた。
携帯へ問い合わせのメールなどを転送しよう思っていたからだ。
それで、携帯メールもこちらが必要なときにダウンロードできるようにならないかと聞いたら、ノーだった。
電話と同じようにメール着信がなされる仕組みなんだそうだ。
そういうメールが煩わさしいのなら、唯一の方法は、メール着信音などをオフにすることだそうだ。
メール受信は無料かなと思っていたら、いまだに1メール3円〜6円もかかるので、アホらしくてやめた。
結局、従来どおり、携帯は電話のみにした。

メールに生活リズムを壊されないためには、メール着信の音や効果の全てをオフにすることだ。
最初の設定は、すべてオンになっている。
その設定を自分仕様に変えるだけで、奪われた自分の生活時間を取り戻せる。
もちろん、自分の人生だ。
最後の決断は、自分がすればいいのだ。

| 携帯雑感 | 21:27 | - | - |

優先順位

1位:元気(生命)2位:生活(家庭・家族)3位:学力(実力)4位:成績5位:合格

  1. 何とかなる、生命があれば。
  2. 何とかなる、家族がいれば。
  3. 何とかなる、実力があれば。
  4. 成績は後から付いてくる。
  5. 合格も後から付いてくる。
累計